fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析
バードカウンセラーが、愛鳥の毛引きと自咬症と向き合う日々の記録です。トレーニングの成果を見てあげてください♪鳥さんと人との暮らしが豊かになるよう、試行錯誤しながら環境の工夫にとりくんでいます。時々、ペットロスについてもお話します。
(本文中のマークです)
ねむのき ぷりんさん こげちゃん まめちゃん ふくちゃん




みなさん、こんばんは。


今日は、時間を約1年前に戻して、ふくちゃんの治療の
初期のころのお話をします。
(ふくちゃんとの出逢いはこちら。お迎え直後はこちら。)


ひどい毛引きと自咬症のオキナインコふくちゃん
お迎えして、鳥さん病院に駆け込み、改善すべき点と
当面の治療方針が決まりました。


たくさんの問題を抱えていたふくちゃん。
さっそく、各方面からのケアを開始しました。
抗生剤を飲水投与、点鼻薬を1日3回、吸入療法を1日2回。
これって・・・けっこう付きっきりになりますよね。


この頃はお互いに勝手が分からず、投薬のたびに嫌がるふくちゃんと
格闘していました。


とにかく我が家に慣れてほしくて、ねむのきはできるだけ
ふくちゃんのそばで過ごしました。
話しかけたりすると、また発作のようにぶるぶると首をふり、
興奮して暴れると息が切れて、呼吸器疾患にかかっていたふくちゃんは
さらに呼吸が荒くなり、苦しくなってしまうようでした。


ふくちゃんを驚かせないように、ただただ、ふくちゃんの視界に入る
範囲で、読書をしたり、縫い物をしたり、一緒にご飯をたべたりしました。


そうやって一日中、ふくちゃんのそばにいることができたので、
どんなタイミングで毛引きをするのか、皮膚を咬んでしまうのか、
じっくり観察することができました。



結果。

精神的なもの。
夜間、ひとりぼっちになった時。
  物音に驚いた時。


かゆみと息苦しさによるもの。
鼻づまりによる首ふり動作が多い時。
  前後の動作と何の脈絡もなく、とつぜん皮膚を咬む。




いくら良いお薬を使っていても、呼吸器の炎症にせよ、皮膚の代謝にせよ、
すぐに治るものではありません。
鳥さんの呼吸器官はとても複雑なつくりをしていて、
繊細な精密機械のようなので、ひとたび呼吸器感染してしまうと
なかなか厳しいものがあります。



あまりにも傷がひどく、2~3日で再び病院に駆け込みました。


先生とよ~く話し合った結果、ついにエリザベスカラーをつけることに
なりました。


初めてつける時は、とくに慎重に行われます。
カラーを嫌がって暴れて怪我をしてしまう子。
精神的なショックや体のバランスがうまくとれなくて、
ご飯を食べられなくなってしまう子。
いろいろなリスクがあるそうです。


朝一番の時間で診察を受けたので、そのまま夕方まで病院で
預かっていただき、カラーをつけてみて様子をみていただくことに
なりました。

ふくちゃん、初めての半日入院です。



ねむのきも、子どものころからずっと鳥さんと
暮らしてきましたが、カラーをつける子は初めてでした。


エリザベスカラーって、とっても辛そうに思えますよね。
これがお付き合いの長い子なら、とても不憫な気がして
こちらも勇気が要る決断だと思います。


でも、ふくちゃんは何とかしてあげたい一心でお迎えした子です。
かわいそうよりも、今はちょっと辛くても、早く治ったほうがいい!と、
きっぱり決断できたんです。



カラーをつけると、いろいろな事故の危険性があり、普通のケージではなく、
水槽を用意するように先生にアドバイスをいただきました。



ふくちゃんを預けた半日の間に、急いでまめちゃんのお世話をして、
ふくちゃんの病室となる水槽を買いにいきました。
おうちで生活するものは特大サイズ。
キャリー代わりに使うものは、1サイズ小さいものにしました。



水槽をもってお迎えに行くと、先生がどこか申し訳なさそうに
おっしゃいました。

「あのね、カラーつけたんですけど・・・落ち込んじゃったの」

 「え???」


鳥さんが、落ち込んじゃった??
いまひとつ、想像がつきませんでした。


「ほら、ふくちゃん、お迎えにきてくれたよ」


診察室の奥から連れて来てもらったふくちゃんは
たしかに、落ち込んでいました。


がっくりと肩を落として、うつむき、足元を悲しげに見つめています。
お人形さんのように、ポーズが固まったまま。
チャームポイントのくりくりお目目には、
世にも哀しげな色をたたえていました。




はじめてのカラー





「あとね、ご飯もたべないし、首の周りも抜いちゃったの




カラーを自分ではずそうとして、力任せに首の周りの羽を
抜いていました。
カラーをする子は、ほとんどがこうやって首周りを抜いてしまうそうです。



あまりにも、“落ち込んじゃった”という表現がぴったりすぎて、
なるほど~~と、変なところで感心しながら、
おうちでのケアの方法について説明を聞いて帰ってきました。




カラーをして数日で慣れて、いつも通りに飛んだり遊んだりできる子も
いるそうなのですが、ふくちゃんは、何日たっても、一向に
元気を取り戻してくれません。
点鼻などの処置のために、体をつかむと、そのときだけ「ぐっ・・・・・」と
低い声はもらすのですが、カラーをしてから一言も鳴かなくなってしまいました。


さらに状態が悪くなってしまったのか、カラーがきつすぎて声が出ないのか
とても心配で、またまた病院にいくのですが、
「カラーはこれで大丈夫です。たぶん、精神的なショックでしょう」とのこと。





小鳥はとっても歌がすき~
母さん呼ぶのも歌でよぶ~





どうして、こういう時に頭の中に聞こえてくるのでしょう。



歌わない小鳥。
なんて哀しいのでしょう。




ふくちゃんの芯の強さと、意地と、心の傷の深さを
あらためて思い知りました。


私は、この日のことを忘れられません。



この後、半年近くの間、ふくちゃんは心を閉ざし、
声をなくしてしまうのです。





今、ふくちゃんが「びー!!」と一声鳴くだけでも、
私はいちいち、じ~んとしてしまいます。




この後も、まだまだ、ふくちゃんとの闘病生活はつづきます。


今もリハビリをがんばっているふくちゃんを
これからも応援してください。



ペットカウンセラーの活動をたくさんの方に知っていただきたく
2つのランキングに参加しています。
ぽちぽちっと2押し、ご協力よろしくお願いします。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

今日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございます
また遊びにいらしてくださいね♪
スポンサーサイト



テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット


  
ようこそ♪

ご訪問ありがとうございます

2009・5・10 開設

プロフィール

ねむのき

Author:ねむのき
はじめまして。
バードカウンセラーとして、鳥さんと人との「絆」をテーマに活動をはじめました。
「小鳥の相談室ねむのき」を開設いたしました。
鳥さんと暮らすご家族、鳥さんを支えるプロのみなさん。
鳥さんを愛するすべての人々の心のケアをいたします。

動物大好き人間で、夫とオキナインコ2羽と黒猫1頭とにぎやかに暮らしています。

どうぞよろしくお願いします。


<資格>
看護師
社団法人 日本愛玩動物協会
 愛玩動物飼養管理士
日本ペットカウンセラー協会
 ペットカウンセラー
 ターミナルケアリスト
 
<所属>
バードナチュラルライフクラブ
鳥の保護団体TSUBASA 
日本愛玩動物協会
日本ペットカウンセラー協会

まめちゃん

オキナインコ

まめちゃんアップ 本名は、まめたろうちゃん。        行動の特徴から、女の子と思われる。             1999年の春生まれ。      同年12月お迎え。        特技:おしゃべり(声がかわいく、TPOにあわせられます)   仕事:みんなに夕刻を知らせる。                   愛読書:「ライオンキング」

ふくちゃん

オキナインコ

ふくちゃんアップ     2007年5月17日生まれ。    翌年6月お迎え。性別不明。 特技:とても器用に何でも足でつかんで食べる。        仕事:餌さがし。           希望:くっついて眠るお相手募集中。                取り組み:小鳥の相談室ねむのきの看板鳥として、鳥さんの毛引き症と自咬症撲滅キャンペーン中!? 

こげちゃん

くろねこ

080820_1959~02 2006年春生まれ。男の子。  生後7日頃、大雨の日に路上で震えていたところをぷりんさんが保護。               得意技:ねこパンチ &ねこキック。                 仕事:お昼寝。                    ボランティア:管理人ねむのきの相手・ベランダ菜園“ねむのきファーム”のパトロール。

ぷりんさん

ヒト 管理人ねむのきの夫

きりん 趣味:ガーデニング(とくに野菜) 好きな食べ物:ぷりん。       性格:猫と平和をこよなく愛する。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別バックナンバー
RSSリンクの表示
最新トラックバック

ブログ内 検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お聴かせください

ご意見・ご感想・お問合わせお待ちしています。こちらから どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

リハビリ中のふくちゃんとペットカウンセラーの活動を 応援してください。

FC2Blog Ranking

応援してください☆

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村                  にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 闘病生活へ
にほんブログ村                  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

QRコード

QRコード